カナダから、日本のみなさんへの近況報告など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Atsuko
 
[スポンサー広告
ブログ移転のお知らせ
このたび、2005年4月から実に9年間もお世話になったFC2からブログを移転しました。
移転先はこちらです。
http://blog.livedoor.jp/mydearfriends/

過去記事、画像、コメントも含めて全て移行を完了しました。

このブログをブックマークしてくださっている方、お手数ですがご変更をよろしくお願いします。
これからもマイペースではありますが、更新を続けて行きますので、引き続きよろしくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by Atsuko
comment:0   trackback:0
[Diary
Crepe Montagne - Whistler
友だちに教えてもらったウィスラーのクレープ屋さん。
去年の夏、ウィスラーに来たときにもここでお茶したんですが、めっちゃ美味しかったので、今年はもう最初から行く気満々でした。

泊まったホテルの正面だったので、さっそく2日目の朝ごはんと、3日目のお昼に行きました。
これはお昼に行ったときのオーダー。

絶賛糖質制限中ですが、やっぱりここに来たら甘いクレープ食べなきゃね♪

いちごとチョコレートのクレープ

R0000346.jpg

旦那はスモークサーモンのクレープにしてみました。

R0000347.jpg

どっちも美味しかったです。
ビレッジの外れなので、静かなのもいいです。夏はパティオが気持ちいい。
朝食メニューも充実してるし、ディナーメニューにはチーズフォンデュとかラクレット(ハイジが食べてたやつね)など美味しそうなものが満載。遠くてなかなか行けないけど、いつか試してみたいなぁ。

Crepe Montagne
Website: http://crepemontagne.com

関連記事
Posted by Atsuko
comment:0   trackback:0
[Yum-yum!
Whistler Bike Park - September 7, 2014
私のBucket List(死ぬまでにやってみたいことリスト)に10年ぐらい載りっぱなしの「ウィスラーバイクパークでダウンヒルバイキング」。
ウィスラーに来るたび、やってみたいけど勇気がなくて「また今度!」と先の楽しみ(?)にし続けてました。
でも、この先体力は衰える一方なのに、そんなこと言うてたら一生出来そうにないので、今年こそは!と全身プロテクターとフルフェイスヘルメットも準備して乗りこんだ今回のウィスラー旅行。
ついに最終日に決行しました。

それでも、当日の朝まで気持ちは揺れ続けてました。
レンタルバイクのサイズは大丈夫やろか?
リフトにバイク乗せられるやろか?
走るの遅くてまわりの顰蹙買わんやろか?
コケて大怪我せんやろか?
う~〜〜、いろいろ不安。
加えて、前日のハイキングの疲れがどの位残るかも心配でしたが、朝起きてみたら大丈夫そうだったので、腹括って行くことにしました。(括るほどのことかい。)

レンタルバイクは、私の身長だとキッズモデルになっちゃうのですが、一応前日にレンタルショップで大人用XSでもなんとか乗れそうなことは確認していたので、それをレンタル。

リフトにバイクは・・・自力では乗せられませんでした。
でも、4人乗りのリフトを2回使ったんですが、2回とも旦那と親切な同乗者が助けてくれました。初心者丸出しだったので、みんなめっちゃ親切にしてくれて、リフトに乗ってる間にどのコースに行ったらいいとかアドバイスまでしてもらって・・・ほんと、ビビってたので嬉しかったわ♪

コースは初心者コースに行ったので、それほどまわりのご迷惑になることもなく。

お約束で1回コケましたが、無傷でした。

初心者コースは思ってたより難しくなかったので、予想以上に楽しかったです。もっとスキルがあってがんがんスピード出せたら、もっともっと楽しいだろうな〜という感じ。うーん、でも、悲しいかなそれが出来るようになるとは思えない・・・

というわけで、バイクパークに行くのも、これが最初で最後になりそうなんで、記念写真。

R0000342.jpg

今回のウィスラー旅行では、行ってみたかった Cheakamus Lake Lookout にも行けたし、Bucket Listに載ってたバイクパークにも行けてよかったです。
いっぱいいっぱいでバイクパークの写真が全然ないのが残念。ほんと、余裕皆無でした。(笑)

関連記事
Posted by Atsuko
comment:0   trackback:0
[Biking
Half Note Trail (Whistler) - September 6, 2014
今日の写真はクリックで拡大します♪是非大きくしてご覧ください。

R0000252.jpg

ガイドブックに出てきそうな風景の中を進んでいくと、憧れのCheakamus Lakeが見えてきました。
やっと着いたビューポイント。

R0000287.jpg

おおー、ネットでさんざん見たあの風景。自分がその場所、その風景の中に来られたことに感激。

IMGP8817.jpg

本当にきれいでした。

そして、私の中では超有名人(有名鳥?)のこの方と一緒に写真も撮って、納得。

IMGP8823.jpg

しばし休憩の後、さらに進んでいくと、Half Note Trailとの分岐点です。右方向へ下って行くのがHigh Note、左方向へ登って行くのがHalf Noteです。

IMGP8830.jpg

私たちは、はじめから近道になるHalf Noteへ進む予定でしたが、殆どのハイカーが迷うこともない様子でHigh Noteを進んで行きました。
みんな元気やなあ。

IMGP8832.jpg

Half Note Trailは、この後こんなガレ場を通った後、短い登りとなりました。

R0000297.jpg

遠く眼下にHarmony Lakeが見えました。High Note Trailを進んで行くと、この湖の近くを通るようです。

R0000300.jpg

Black Tuskが見えるビューポイントもありました。

IMGP8838.jpg

Half Noteは近道というだけあって、High Noteとの分岐点から1.2kmの短いトレイルですが、登って下って登って下る、という感じで、なかなかしんどかったです。

Half Note Trailが終わると、その先はPika's Traverseというスキーコースを下ります。これが2.3kmなんですが、いや~、この最後の下りが、一番キツかった!辛すぎて写真はこれぐらいしかありません。

R0000307.jpg

地面は硬いし、 乾燥しきってるうえに 小石とかあって歩きにくい。すでに体力消耗してるとこへもってきて、この長〜い下りはさすがに堪えました。
ここ、自転車あったら楽やろうなぁ、などと妄想しながら下りました。

一応サンドイッチは持って歩いてたんですが、適当な休み場所もなく、結局スナックだけ食べてゴンドラ乗り場のRoundhouse Lodgeまで3時間弱で戻りました。

たくさん歩いたあとは、ビール♪ビール♪

IMGP8855.jpg

ハイキングのあと、昼間っからビール@ウィスラー山頂のパティオ。これ以上の贅沢がありますでしょうか。

観光地の山の上のカフェテリア、正直お料理はあんまり期待してなかったんですが、サラダもチリもめっちゃ美味しかったです。これもまたウィスラー効果か?

パティオに座ってると、かわいいシマリスが何匹も走り回っていました。

IMGP8858.jpg

パティオからは隣のBlackcombとの間を結ぶPeak2Peakゴンドラが見えてました。今回は乗りませんでしたが写真だけ。

IMGP8864.jpg

普段、ハイキングには付き合ってくれない旦那が、今回「家族サービス」で一緒に歩いてくれたんですが、長い下りで足の親指の爪が真っ黒になってしまった〜。ひぇええ〜!!!
何でハイキングシューズ履いてなかったんだ、このひと!?(と思ったけど、そういえば準備してるときに、持って行かないって聞いたような・・・ハイキングシューズ履いた方がいいって教えてあげれば良かった・・・すまぬ、旦那。)
ああ、これでもう「旦那をだまくらかしてハイキングに連れて行く」っていうのは出来なくなっちまいました。

しかし、あの歩きにくいうえ、全然楽しくないPika'sを下るより、いっそ距離は長くてもHigh Note を行ったほうが良かったのでは?という気がせんでもないです。まあ、また行く機会があれば、挑戦してみたいです。

これまで、そんなにたくさんハイキングに行った訳じゃないですが、私にとっては今までで最高のハイキングでした。やっぱりウィスラーはスケールが違うなぁ。年に1回ぐらいしか来れないけど、やっぱいいとこだわ。

Whistler Summit - High Note Trail - Half Note Trail - Pika's Traverse - Roundhouse Lodge
Distance: 6.88 km
Time: 2:49:30 / Moving Time: 2:05:29
Avg Pace: 25:00 min/km
Elevation Gain: 610 m / Elevation Loss: 750 m
Min Elevation: 1,799 m / Max Elevation: 2,136 m

関連記事
Posted by Atsuko
comment:0   trackback:0
[Fishing/Outdoor
High Note Trail (Whistler) - September 6, 2014
Whistler2日目の土曜日は、私のリクエストでハイキング。

Whistlerのハイキング情報を探すと、High Note Trailから眺めたCheakamus Lakeの写真が必ず出てきます。「あの写真の場所に行ってみたい!けど無理よね〜。」とずーっと思っていたのですが、去年からぼちぼちハイキングにも行き始め、トレイルのプロファイルを調べたり、師匠から情報をもらったりしているうちに、行けるような気がしてきました。距離は途中からHalf Note Trailに行けば7.5kmで問題なさそうだし、ウィスラー山頂が起点となるので、登りで体力消耗してから下る普段のハイキングより負担も少ないはず。
長い下りに備えてトレッキングポールも買ったし!
これこれ↓↓↓

20140817-3.jpg

でも、ななんと。

持って行くの忘れだーーーーー!

ウィスラーに着いて、家に忘れてきたことに気づいた瞬間、激しくへこみました。何のために大枚はたいて買ったんだぁ・・・。

ポールなしで大丈夫か?という不安もありましたが、お天気もいいし、気温も真夏ほどではないので、ま、大丈夫でしょ(←どこから来るのかよく分からない自信)と、予定どおり行ってみることにしました。

ウィスラーのゴンドラ山上駅からさらに山頂へ登るピークチェアリフトに乗り継いで、High Note Trail/Half Note Trail入り口へと向かいます。

20140906-01.jpg

両側に氷河が見えます。なかなかスリリングなリフト。

山頂に到着。標高2,182m。

20140906-02.jpg

トレイルの入り口は山頂のイヌクシュク(先住民族イヌイットが石や岩でつくる人型の石像、2010年のオリンピックのシンボルにもなってました)の後ろにあって、分かり難いとは聞いてたけど、ほんとに見つけられなくてうろうろしちゃったわ。

こんなところから下りて行きます。

20140906-03.jpg

トレイル入り口で既にこの絶景。遠くにBlack Tusk(とんがった山)が見えています。

20140906-20.jpg

トレイルの最初の部分は、岩場の急な下りで結構大変でしたが、しばらく行くと景色の良いわりと平坦な尾根沿いの道になりました。

20140906-07.jpg

Cheakamus Lakeが見えるビューポイントまでは、こんな感じのところを1時間ほど歩きます。
Whistler(口笛を吹く人)という名前の由来になったマーモットのピーッという鳴き声が聞こえてきました。近くにたくさんいるのかな?と思っていると、トレイルの少し下の方で、まるまるしたマーモットがひたすらモシャモシャ草を食べているのを発見。野生の生き物をこんなに間近で見られるとはー!
と驚きましたが、少し進むと、今度はもっと近くの岩の上でくつろいでいるやつが。

最初はこんな風に可愛くポーズしてましたが・・・

20140906-05.jpg

しばらくしたら、だらけ始めましたよ。(笑)

20140906-21.jpg

ひょっとして動物エージェントから派遣されて、ハイカーを喜ばせるために岩の上に座ってるのが仕事なんじゃ?疑惑。
そこからまた少し進むと、3匹目が出てきました〜。

20140906-06.jpg

この子は、写真を撮ってると、突然トレイルまでトコトコやってきて、ハイカーの前で凄い勢いで草むしり。むしった草を咥えて山の上の方へ去って行きました。
何だったんだ?サービスの一環か?

ガイドブックに出てきそうな景色が続きます。
時期的に遅いので、あまりお花は咲いていませんでしたが、7月頃だとたくさんの高山植物の花がみられるようです。

20140906-08.jpg

憧れのCheakamus Lakeのビューポイントまで、もう一息。
(つづく)

関連記事
Posted by Atsuko
comment:0   trackback:0
[Fishing/Outdoor
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。